新・宇宙論
第一部 (絶対進化論)

はじめに

人間原理とは、物理学、特に宇宙論において、宇宙の構造の理由を人間の存在に求める考え方である。
宇宙が人間に適しているのは、そうでなければ人間は宇宙を観測し得ないからという論理に基づいている。
これをどの範囲まで適用するかによって、「強い人間原理」と「弱い人間原理」がある。
人間原理を用いると、宇宙の構造が現在のようである理由の一部を解釈できるが、これを自然科学的な説明に用いることについては混乱と論争があった。
自然法則とその中に現れる物理定数が今知られているものよりわずかでも違えば、人間のような生命、それを構成している原子また太陽のような恒星、こうしたものが安定して存在することはできなかった。
つまり、
現在のような宇宙の姿はありえなかった。
それにもかかわらず、
自然法則やその中に含まれる物理定数は、人間のような高度な生命を生み出すのにちょうど適した構造になっている。
このことはファイン・チューニングと呼ばれる。
人間原理は、このファイン・チューニングという現象に対する説明を与える議論である。
宇宙の自然法則と物理定数が生命の存在を許す絶妙なバランスを取っている事の理由を説明する議論には、他に、知的な存在を仮定する宗教的な立場として創造論あるいはインテリジェント・デザインがある。
それに対して、人間原理は超越的な存在を仮定しない、自然主義的なアプローチである。
そこで、
はじめに宇宙ありき、然るに、人間ありきとする「弱い人間原理」では、宇宙そのものの在り方を検証してみる必要があることから、この作品のタイトルを「新・宇宙論」、サブタイトルを「弱い人間原理」として、新しい宇宙論を論じてみることにする。


2012年6月28日  新 田  論


第一章 弱い人間原理 第五十一章 一様宇宙
第二章 宇宙進化論 第五十二章 事象の地平線
第三章 人間には死などない 第五十三章 常識/非常識の地平線
第四章 宇宙にも死がある 第五十四章 超常識の地平線
第五章 現在の宇宙は映像宇宙 第五十五章 静止宇宙の地平線
第六章 映像宇宙は逆さま宇宙 第五十六章 地平線のこっち側とあっち側
第七章 旧・宇宙論 V.S.新・宇宙論 第五十七章 逆さまのこっち側とあっち側
第八章 天空宇宙 V.S.虚空宇宙 第五十八章 錯覚宇宙 & 自覚宇宙
第九章 宇宙の概念 第五十九章 錯覚 & 自覚
第十章 従来の宇宙論は妄想 第六十章 重なり合っている宇宙
第十一章 見える宇宙 & 見えない宇宙 第六十一章 ひとり一人の内に潜む宇宙
第十二章 科学の愚鈍さ 第六十二章 相対論と量子論
第十三章 静止宇宙と運動宇宙 第六十三章 相対論の映像 & 量子論の映像
第十四章 背中合わせの宇宙 第六十四章 全宇宙が映像宇宙
第十五章 時線世界・時平面世界・時空間世界 第六十五章 宇宙=映像
第十六章 0次元世界=実在世界 第六十六章 元凶は「強い人間原理」
第十七章 実在宇宙 & 映像宇宙 第六十七章 元凶は「人間原理」
第十八章 マザー・ユニバース/チャイルド・ユニバースの意味 第六十八章 宇宙原理
第十九章 マザー・ユニバース/チャイルド・ユニバース説は本末転倒 第六十九章 1+3=4ではなく1+3=5だ
第二十章 時空宇宙説は本末転倒 第七十章 世界のスケール
第二十一章 時空宇宙の正体 第七十一章 自然数宇宙 & 素数宇宙
第二十二章 プラネタリウムという映画館 第七十二章 確定宇宙 & 不確定宇宙
第二十三章 観測者 & 被観測者 第七十三章 運動が確定 & 静止が不確定
第二十四章 人間原理の原点 第七十四章 宇宙と人間社会は逆さま
第二十五章 宇宙原理 第七十五章 強い人間原理 V.S.弱い人間原理
第二十六章 元も子もない科学者 第七十六章 正さま V.S.逆さま
第二十七章 映像は記憶 第七十七章 (強弱)二元論
第二十八章 宇宙は記憶(映像)
第二十九章 宇宙は個別観
第三十章 (我々の)宇宙とは?
第三十一章 宇宙 & 宇宙観
第三十二章 垂直宇宙 & 水平宇宙
第三十三章 垂直宇宙は実在 & 水平宇宙は映像
第三十四章 五感宇宙
第三十五章 無の宇宙 & 有の宇宙
第三十六章 有が映像
第三十七章 無が実在
第三十八章 有=不在 & 無=実在
第三十九章 有=不在の証明
第四十章 無=実在の証明
第四十一章 無=実在の確認
第四十二章 鏡宇宙
第四十三章 鏡の正体
第四十四章 鏡と光
第四十五章 光=鏡
第四十六章 恒星と鏡星
第四十七章 恒星=惑星
第四十八章 恒星=惑星の根拠
第四十九章 ブラックホールの正体
第五十章 暗黒宇宙


おわりに

はじめに宇宙ありき、然るに、人間ありきとする「弱い人間原理」では、宇宙そのものの在り方を検証してみる必要があることから、この作品のタイトルを「新宇宙論」、サブタイトルを「弱い人間原理」として、新しい宇宙論を論じてみることにした。
現代(20世紀)科学の頂点とされている「相対論」と「量子力学」、特に、波動方程式を考案したシュレーディンガーの有名な観測問題「シュレーディンガーの猫」に、科学の限界がいみじくも証明されていることがわかり、やはり、科学はしょせん学問(哲学)のひとつに過ぎない証明でもある。


2012年9月21日  新 田  論