Chapter 72 『想い』と『心』

正夢ばかり観ている方の特徴を、お話してみましょう。
もの分かりの良い、人格者の方。
まわりのことによく気のつく方。
身内や知人に不幸があると、すごく悲しむ方。
こういった、所謂「出来たひと」に、正夢を観る方が多いのです。
他人の心というものは、推し測ることのできないもので、自分の心さえ分からないものであります。
しかし、詰まる処、どんな人間でも心のうごめきはすべて同じであるのです。
心のうごめきは機械的(メカニカル)なものであるからです。
人のものを盗むと罪意識を感じる。
セックスをしたり、その想いに耽ると罪意識を感じる。
嫉妬をすると罪意識を感じる。
つまり、「奪う想い」を持つと、罪意識つまり不幸を感じるようになっている。
一方、「与える想い」を持つと、善意識つまり幸福を感じるようになっている。
これが、心のうごめきのメカニズムであるのです。
メカニズムでありますから、そこには好き嫌いとか、是々非々といった人間の情念は一切入る余地はありません。
そこのところを勘違いしないで欲しいのです。
従って、どんな人間でも、『想い』には大きな違いがありますが、心のうごめきは大差ないのです。
ところが、『想い』と心のうごめきを区分け出来ていないのが、わたしたち人間ですから、他人の心は推し測ることの出来ないものだと思っているのです。
しかし、人の『想い』というものは、十人十色でありますが、人の心のうごめきは全員一色であるのです。
だから、心のうごめきはメカニカルなのです。
その一色は何か?
『与えると奪われない。奪うと与えられない』
これが心のうごめきのメカニズムの原理原則であります。
正夢を観るのは、所謂「出来たひと」に多いと申しましたが、正夢という背景画面に映っている映画は、実は、『奪う想いの言葉』で書かれたシナリオであるのです。
『奪う想いの言葉』はポジティブ言語で構成されています。
ポジティブ言語の特徴は、言葉というエネルギーの方向性が自分から他人へ向けられています。
所謂「出来たひと」の言葉は、ポジティブ言語を使います。
もの分かりの良い、人格者の方。
まわりのことによく気のつく方。
身内や知人に不幸があると、すごく悲しむ方。
こういった方の発する言葉はポジティブ言語、つまり自分から他人へ向けられた言葉なのです。
要するに、他人を意識している方なのです。
他人を意識するということは、自意識過剰に外ならないのです。
つまり、自他を意識する心のうごめきが言葉になると、ポジティブ言語になるのです。
一方、自他を意識しない心のうごめきが言葉になると、ネガティブ言語になります。
ポジティブとは肯定的という意味ではありません。一面的という意味です。
ネガティブとは否定的という意味ではありません。両面的(全面的)という意味です。
たとえば、キリスト教世界とイスラム教世界を比較してみますと、キリスト教世界の人たちが発する心のうごめきの言語はポジティブ言語であるのに対して、イスラム教世界の人たちのはネガティブ言語です。
「新約聖書」の言葉はまさしくポジティブ言語で書かれていますが、「コーラン」の言葉はネガティブ言語で書かれています。だから、「コーラン」に書かれてあることが、他の世界の人たちから誤解され、「新約聖書」に書かれてあることが、偽善的、独善的に思われるのです。
正夢を観ることの多い方は、まず自分の心のうごめきが発する言葉の点検から始めなければなりません。
女性が正夢をよく観ると申しましたが、それは女性の心のうごめきの言葉が、音を発する言葉や肉体の特徴がネガティブであるのに反してポジティブであるからなのです。