Chapter 25 核心に迫る

ここからは、自分が人間であるという確信がないと一歩も前進することは出来ませんので予め申し上げておきます。
そこで、自分が人間であるかどうかを確かめる要因を列挙しておきますので、ご自分でお確かめになった上で、次に進むべきかどうか決めてください。
但し、前の質問に戻っては絶対にだめです。
1)あなたは、富を欲しいですか。
2)あなたは、お金を欲しいですか。
3)あなたは、素敵な異性を求めていますか。
4)あなたは、神の存在など微塵たりとも信じていませんか。
ここまでの質問にすべて、「はい」と答えた人だけが第一次審査が合格です。
次の質問に進みますが、同じように前の質問に戻らないようにしてください。
5)あなたは、いま多くの財産を持っていますか。
6)あなたは、いまたくさんお金を持っていますか。
7)あなたは、いま素敵な恋人がいますか。
8)あなたは、いま幸福の絶頂にいますか。
ここまでの質問にすべて、「はい」と答えた人だけが第二次審査合格です。
次の質問に進みます。
9)あなたは、いまある財産をいつ失ってもいいと思っていますか。
10)あなたは、いまあるお金を貧しい人にあげてもいいと思っていますか。
11)あなたは、いまいる恋人が誰かに奪われてもいいと思っていますか。
12)あなたは、いまの幸福がいつ消えて行ってもいいと思っていますか。
ここまでの質問にすべて、「はい」と答えた人だけが、自分は人間であると確信を持っていい人です。
さあ、これから核心に迫りますが、みなさん用意はいいですか。
あれ、誰もいない!
それでは、核心に迫りようがないです。
人間である方が現れるまで待つことにします。