大蔵官僚腐敗(2)「私物国家」 広瀬隆 著 より抜粋

日本全土の自治体も、ほぼ同じ状態にある。
東京都では、無数の不正支出が発覚したが、その末監査を放置してきたのは、警視庁である。
それを統帥する警視総監だった福田勝一は、消費者金融(サラ金)最大手の武富士に就職して、顧問となり、莫大な裏金を手にした。
武富士は、大手消費者金融としては、アコム、プロミス、三洋信販が上場したのに続いて、96年8月30日、株の店頭公開をおこなって、一株1万200円の初値をつけ、時価総額1兆円を超えるという大商いとなった。
最大手の武富士の株式公開が他社より遅れたのは、暴力団のからんだ地上げ事件が発生していたからである。
ところが、その二年半ほど前の94年3月に、数百万株が、事前にわずか2700円〜2800円の値段で、未公開株として大量に政財官界に流れていた。
その株を、武富士の元締めとして機能してきた主幹事会社の野村証券が、VIP口座の特権者たちに売却した疑いが濃厚となった。
少なくとも、警視総監だった福田勝一は、自分と家族名義で、1万6000株を購入していたことが発覚した。
このような警視総監が、95年から中央選挙管理委員会で委員となって、選挙の不正を監視する役職についていた。
さらに、大蔵官僚だった松尾直良(関税局長)は、武富士の顧問となって未公開株を譲渡され、徳田博美(主計局主計官から銀行局長)も、武富士の監査役となって未公開株を譲渡されていた。
彼らは、「これが、能力ある大蔵官僚の役得だ。そうした能力のない人間の嫉妬が、非難につながっている」と、公言してはばからない。
「誰でも、こうして億の金を手に入れている」と言ってくれるのである。
徳田博美が問題となったのは、天下りして野村総研でトップの理事長に就任し、未公開株だけでなく、家族ぐるみでゴルフ会員権などを無償で譲渡され、この武富士の利権にあやかっていたことにある。
97年に武富士の新社長に就任した池田正人は、第一勧銀の総会屋事件で不正融資に使われたライベックス社にいたことがある。
また徳田博美が野村総研理事長に就任した88年には、通産事務次官・福川伸次が野村総研顧問となって、徳田と共同作業に入っていた。
しかも徳田は、大蔵大臣の諮問機関である金融制度調査会の委員となった。
そもそもこの委員会の機能は、徳田が若い頃、事務次官・澄田智がまだ銀行局長時代に、彼のもとで金融制度調査官となって、“日本の金融制度を整備・改善する”という目的をかかげて育てあげたシンクタンクであった。
大蔵官僚はその歴史を知っているはずである。ところがその張本人のふたりが、澄田は日銀総裁となって大蔵官僚OBの天下りを差配し、徳田が消費者金融という闇の世界に天下りして、自宅の整備・改善に余念がないというのでは、話にならない。
当然、政治家や官僚への武富士未公開株の配分は、澄田・徳田の人脈にもとづいて決められ、実行に移されたはずである。