第九十七章 新しい価値観

宗教が主張する神の概念とは全知全能だからであり、全知全能を超えるものがあれば、それは全知全能ではなくなる。
まさに、
宗教の正体とは、自己矛盾に他ならない。
まさに、
科学の正体とは、自己矛盾に他ならないのです。
なぜなら、
旧約聖書によれば、アダムとイヴがエデンの園を神から追放されて以来、人類は二元論世界に迷いこんでしまったわけです。
進化論によれば、狩猟型生活から農耕型生活に移行した12000年前から、
人類は二元論世界に迷いこんでしまったわけです。
爾来、
先ず宗教という自己矛盾の罠に嵌り込み、更に科学という自己矛盾の罠に嵌り込み、錯覚の人生に現在まで嵌り込んでしまったのです。
そして、
これ以上進化(退化)することができない喫水線にまで達してしまったのです。
まさに、
21世紀こそ、新しい価値観を生みださなければならない時代に他ならないのです。