第九十六章 超える学問

科学とは選択する学問に他ならない。
逆に言えば、
科学とは超える学問ではない。
ところが、
巷間では、科学とは超える学問だと盲信しています。
なぜなら、
科学は宗教を超える学問だと錯覚しているからです。
ところが、
宗教の本質からして、宗教を超える概念などありえない。
なぜなら、
宗教が主張する神の概念とは全知全能だからであり、全知全能を超えるものがあれば、それは全知全能ではなくからです。
従而、
宗教の正体とは、自己矛盾に他なりません。