第八十二章 現象と本質の相対性

現象の正体が判明すれば、真理(本質)の意味がわかる。
この事実は一体何を意味しているのでしょうか?
まさに、
現象と真理(本質)は表裏一体の一枚のコインを意味していることに他なりません。
形而上学的に言えば、
現象と真理(本質)は二元論を形成しているのです。
言い換えれば、
相対性の世界とは二元論世界のことに他ならないのです。
更に言い換えれば、
相対性の世界とは映像(幻想)世界のことに他ならないのです。
まさに、
相対性理論とは幻想理論に他ならないのです。
逆に言えば、
絶対性の世界とは一元論=三元論世界のことに他ならないのです。
言い換えれば、
絶対性理論とは一元論=三元論のことに他ならないのです。
更に言い換えれば、
絶対性理論とは実在世界の理論に他ならないのです。