第六十一章 主観=他者主観視=過去・現在・未来 & 客観=自己客観視=『今、ここ』

主観とは、他者の自分に対する意見に他ならない。
だから、
主観(他者主観視)には、現実化する能力はない。
まさに、
現実化能力がないのは、未だ来ぬ未来や、過ぎ去ってしまった過去に馳せている自己の想いに他ならないのです。
一方、
客観とは、本当の自分の自分に対する意見に他ならない。
だから、
客観(自己客観視)には、現実化する能力がある。
まさに、
現実化能力があるのは、どんなことでも実行できる『今、ここ』に存在しているからに他ならないのです。