第六十章 主観=他者主観視 & 客観=自己客観視

風船の中心から観測する宇宙こそ、風船の表面に展開されている(映し出されている)映像宇宙、すなわち、主観宇宙に他ならない。
従而、
主観とは他者主観視に他ならないのです。
逆説的に言えば、
風船の表面に展開されている(映し出されている)映像宇宙、すなわち、主観宇宙から観測する(客観視する)、風船の中心にポツリと存在する一点の自己の宇宙こそ、客観宇宙であり実在宇宙に他ならない。
従而、
客観とは自己客観視に他ならないのです。
まさに、
主観とは、他者の自分に対する意見に他ならないのです。
だから、
主観(他者主観視)には、現実化する能力はない。
一方、
客観とは、本当の自分の自分に対する意見に他ならないのです。
だから、
客観(自己客観視)には、現実化する能力がある。