第一章 夢のはじまり

夜の眠りから覚める直前まで夢を見ているのが大人であって、前の晩に眠りに落ちた瞬間に朝の目覚めが来ていた純真無垢な子供とは、まったく別人のようになってしまったのが、われわれ人間の大人です。
では、
われわれ人間の大人と子供との間に一体何事が起って、別人のようになってしまったのでしょうか?
まさに、
熟睡だけの眠りの人生を送っている人間の子供と、熟睡の後に夢の睡眠があって、その後に、目覚める朝を迎えるのが人間の大人の違いに他ならないのです。
では、
純真無垢な子供は夢を見ないのに、なぜ大人は夢を見るのでしょうか?
まさに、
文字通り、純真無垢なら夢を見ない、純真無垢でなくなったら夢を見ることを示唆しているのです。
純真無垢なら夢を見ない。
純真無垢でなくなったら夢を見る。
この事実は一体何を意味しているのでしょうか?
まさに、
夢を見ることは必要悪の証左です。
言い換えれば、
夢を見ることは、本来必要のないものである証左です。
まさに、
夢のはじまりは、アダムとイヴがエデンの園を追放された物語の象徴に他ならなかったのです。
言い換えれば、
夢のはじまりは、われわれ人間の大人が錯覚の人生に嵌りはじめた象徴に他ならなかったのです。
そして、
そんな錯覚の人生を毎朝はじめるのが、われわれ人間の大人なのです。
まさに、
われわれ人間の大人の人生における生きる意味が、錯覚からはじまっているのです。
先ず、
この歴然たる事実を自覚することが、真の生きる意味を理解する第一要件に他なりません。
言い換えれば、
毎朝目が覚めた時に気づく夢のはじまりが一体どこで発生したのでしょうか?
現に、
夢のおわりは毎朝目が覚めた時に憶えているのに、夢のはじまりは一体どこで発生したのかまるで憶えていません。
なぜなら、
おわりを憶えているのだから、はじまりは必ずあるはずなのに、まるで憶えていないのはなぜでしょうか?
ところが現に、
われわれは、夢のおわりは憶えているのに、夢のはじまりは憶えていません。
ひょっとしたら、
森羅万象、おわりはあるのに、はじまりがないのかもしれません。
まさに、
宇宙のはじまりとするビッグバンなどないかもしれないと主張している所以がここにあるのです。
そうでないと、
毎朝夢のおわりは憶えているのに、夢のはじまりは憶えていないはずがありません。
では、
夢のはじまりを憶えていないのだから、ビッグバンなどないのでは?
そこで、
もし森羅万象、おわりがあるなら、はじまりがあるはずで、だからビッグバンがあるなら、なぜ、夢のはじまりを憶えていないのでしょうか?
もし森羅万象、おわりがあっても、はじまりがないから、夢のはじまりを憶えていないなら、ビッグバンなどないのでは?
もし森羅万象、はじまりもおわりもないのなら、毎朝目が覚めたらおわる夢はおわっていないのでしょうか?
以上の三つの中の一つに真理があるはずです。
まさに、
生きる意味を解く鍵がここにあるのではないでしょうか?
すなわち、
生きる意味を解く鍵とは、はじまりとおわりの意味を解く鍵と同じなのではないでしょうか?
まさに、
死(おわり)を知ったわれわれ人間の大人にとっての生きる意味とは、はじまりとおわりの意味を解くことに他ならないのです。