決別八十五日目

フリードリッヒ・ニーチェは、“神は死んだ”と言って狂死した。
ジャン・ポール・サルトルは、“他人は地獄”と言ってノーベル賞をもらった。
やはり頼れるのは自分しかないようである。
先ずは・・・自己不信と決別することである。