決別七日目

金というものをよく理解する必要がある。
金とは力志向の破壊的な想いが具象化したものだ。
力とか権力というものは強烈な破壊性をその本質に持っている。
力を持っている者は、他者の力を奪うことによって自己の力を示すわけであって、他者の力を奪うということは、他者を破壊することに外ならない。
このことを理解するには、金の流れをよく知ることだ。
金というものは、多いところに集中する。
資本主義の原則のように思われているが、社会主義であっても、金は多いところに集中する。
この法則は資本主義の十八番では決してなく、金そのものの本来性にある。
女には女の本来性がある。凹の形なのに凸を求めても無駄なことだ。
男には男の本来性がある。凸の形なのに凹を求めてもこれも無駄なことだ。
金には金の本来性があるのに、“資本主義が一番だ!”“共産主義が一番だ”と喚いても無駄なことである。
金の本来性とは何か。
搾取するということが金の本来性且つ本質である。
金には、単位がある。
1円、10円・・・1億円・・・・
10円は1円が10個集まったもの。
1億円は1円が1億個集まったもの。
集まるという動作が搾取に外ならない。
金とは単位をつけるから金であり、単位とは詰まるところ大小である。
水が小さな川から大きな川へ流れて最後には大海に流れ出るように、金も小さな流れから大きな流れへとどんどん流れてゆく。
搾取の搾取たる所以である。
搾取するとは、奪うことである。
奪う行為は破壊的行為である。
金のあるところには必ず破壊行為が生まれる。
欧米先進世界では、成功するとつまり金持ちになると、必ず寄付行為をする。
搾取という破壊行為をした罪意識の懺悔に外ならない。
キリスト教世界の偽善性と独善性がここに隠れている。
金の持つ破壊性は更に、金を所有する者をも破壊してしまう自虐性がある。
金の本来性である搾取という行為には、搾取する側も、搾取される側も破壊してしまう性質を持っていることに気がつかなければならない。
「富裕論」で書いたが、貨幣制度が人間社会を崩壊させてしまうのだ。
まさに金は魔物である。
麻薬とよく似ていて何か魅きつけられるものがある。
しかしその魅力とは破壊性であることを認識しなければならない。
麻薬撲滅運動をやればやるほど、麻薬中毒者は増えていく。
人間には、破壊性という自虐行為に魅かれる性癖があるようだ。
快感と破滅とは表裏一体のものであるようだ。
この性癖から脱却することは難しい問題であり、破壊性は逆にどんどん進行している。
先ずはお年寄りと子供たちから・・・金という麻薬と決別することである。