決別六十六日目

新潟中越地震でも、スマトラ地震でも、自然の中に生きる動物は死んでいない。
人間社会に組み込まれている動物は、人間に巻き込まれて死んでいる。
自然の中に生きる動物はすべて五感で察知していたからである。
人間だけが五感で察知できないから多くが死んだのである。
五感を信頼した生き物は死なず、五感を自分だと信頼せずに科学を信頼した人間とその仲間だけが死んだのである。
先ずは・・・科学(知識)と決別することである。