決別四十一日目

民主主義とは如何に馬鹿げたものであるか、ある哲学者の言葉を引用してみよう。(日本語訳があるので要注意!)

Men are monkeys

East and West have made different arrangement.
In the East, for the first twenty-five years of life
every child had to go through hardship.
That was the principle followed for thousands of years
until the West came and began dominating the East.
A child had to go to the master's house in the jungle,
he had to live through every possible hardship.
Like a beggar he would sleep on a mat on the floor -
there were no comforts.
He would eat like a beggar;
he would have to go to town and beg for the master,
chop wood, take the animals to the river to drink,
to the forest to feed.
For twenty-five years he led the most simple, austere life
whether he was born a king or a beggar -
there was no difference.
Even the emperor's son had to follow the same routine,
there was no distinction.
And then when he came to know life in the world,
life was so blissful.
If the East was content,
this was the trick, the arrangement.
Because whatsoever life gives,
it is always more than you started with.
The child comes to live in a hut.
To him it is a palace compared with lying on the ground
without any shelter, crowded.
He has an ordinary bed, and it is heavenly.
Ordinary food, bread, butter and salt is paradise enough,
because there was no butter at the master's house.
He is happy with whatsoever life gives.
Now the Western pattern is the opposite.
When you are a student every comfort is given to you.
Hostels, beautiful universities, beautiful rooms,
classrooms, teachers - every arrangement is made for you;
medical facilities, food, hygiene, everything is taken care of.
And after twenty-five years of this
you are thrown into the struggle of life -
you have become a hot-house plant!
you don't know what struggle is.
Then you become a clerk in an office,
a master on a primary school.
Life is hell.
Then all your life you will be grunting,
your whole life will be a long grump,
complaining, complaining, everything is wrong.
It is going to be so.
The monkey trainer said;
Three helpings in the morning and four in the evening.
But the monkey insisted;
Four in the morning and three in the evening.
Four in the morning and three in the evening.....
then the evening is going to be cloudy.
You will compare it with the past, with the morning.
Emperor in the morning and beggar in the evening,
then the evening is going to be miserable.
And the evening should be the climax, not miserable.
The monkeys are not choosing a wise arrangement.
In the first place a wise man never chooses,
he lives choicelessly because he knows
that whatever happens the total is going to be the same.
In the second place,
if he has to choose because of objective conditions,
he will choose three courses in the morning
and four in the evening.
But the monkeys said: No. We will choose.
We will have four in the morning.
That trainer, the keeper, was willing to comply
in order to meet objective conditions.
He lost nothing by it.
But what was happened to the monkeys?
They lost something.
So whenever you are near a wise man
let him make the arrangement, don't insist on your own.
To choose in the first place is wrong,
and in the second place,
whatsoever choice you monkeys make, it will be wrong.
The monkey mind only looks for immediate, instant happiness.
The monkey is not worried about what happens later on.
He doesn't know, he has no perspective of the whole.
So let the wise man choose.
But the whole arrangement has changed.
In the East the wise men decided.
In the West there is democracy; the monkey vote and choose.
And now they have converted the whole East to democracy -
democracy means that the monkey vote and choose.
Aristocracy means
that the wise men will choose the arrangement
and the monkeys will yield and follow.
Nothing can work like aristocracy
if aristocracy is run properly.
Democracy is bound to be a chaos.
The monkeys feel very happy
because they were choosing the arrangement,
but the world was happier when the choice was with wise men.
Remember, kings always used to go to ask the wise men
to make the final decision on important matters.
The wise men were not kings
because they couldn't be bothered with it,
they were beggars, living in their huts in the forest.
Whenever there was a problem
the king did not run to the constituency
to ask the people; What is to be done?
He ran to the forest to ask those who had renounced all -
because they have a perspective of the whole,
no attachment, no obsessions, nothing, by their own choice.
They are choiceless; they see the whole and decide.

人間はサルそのものである

東洋と西洋では異なったものの考え方をしてきた。
東洋では、全ての子供は25歳まで様々な苦労を経験しなければならなかった。
これは西洋が東洋に侵攻、支配し始めるまで何千年にも渡り守られてきた慣習である。
子供はジャングルにある師の家に行き、あらゆる苦難を乗り越えなければならなかった。
乞食のように、快適とは到底言えないような床に敷かれたマットで眠り、乞食のような食事をし、町に出掛け師の為に物乞いし、木を切り、動物に水をやりに川へ、食べ物をやりに森へと連れて行かなければならなかった。
王子として生まれようが、乞食として生まれようが、例外なく、25歳までは極めて質素な厳しい生活を送った。
皇帝の子息であっても分け隔てなく、同様の経験を積まなければならなかった。
そして、彼らが世間というものが分かって来た時、人生がこの上なく幸せになるのだ。
もし東洋が物質的に満足していたら、この慣習は逆効果になっただろう。
なぜなら、人生から得るものは何でも、あとになるほど豊かになっていく。
子供にとってみれば、あばら屋に住めるようになったら、たとえぎゅうぎゅう詰めであっても、地面に寝ることを思えば、そこは豪邸なのである。
普通のベッドであっても、そこは天国なのである。
ありきたりな食事、パン、バター、塩が最高のものとなる。
それは、師の家ではバターを貰えなかったからだ。
彼は生活から得るもの全てに満足する。
現在の西洋は全く正反対である。
あなたが学生であっても、あらゆる快適なものが与えられる。
大学寮、立派な大学、綺麗な部屋、教室、教師。
すべてがあなたのために用意されている。
医療施設、食事、衛生面、すべて整っている。
こうした25年を送り、あなたは突然苦難の人生へと放り出される。
温室育ちの柔な人間になってしまっているから!
苦難とは何かを知らないからだ。
そしてあなたは会社員になったり、小学校の校長になったりするが、人生は地獄だ。
あなたの生活すべてが不平だらけになり、全人生が不満になる。
不平、不満、全てが間違っている。
サル(人間)の調教師は言う。
“一日に七回の良いことがあって、朝と夕方の二回に分けるなら、朝に3回、晩に4回の配分にしなさい”
しかし、サルは主張する。
朝に4回、晩に3回。
朝に4回、晩に3回・・・
すると、夕方が苦痛になる。
あなたは夕方を過去の朝と比べるだろう。
すると、夕方がみじめなものとなる。
朝が王様で、夕方に乞食になるなら、夕方はみじめなものになる。
夕方というものは一日のクライマックスでなくてはいけない。 みじめであってはならない。
サルは賢い選択を決してしない。
賢い人間は選択ということを先ずしない。
彼は何が起ころうと最終的には同じであるということを知っているから選択をしない人生を送る。
次に、彼が客観的な状況によって選択を迫られると、朝に3回、晩に4回を選ぶだろう。
しかし、サルは主張する。
“いいや、我々は選択をする”
“朝に4回だ”
サル(人間)の調教師は客観的な状況に合うようにサルに応じる。
それによって彼が失うものは何もない。
しかし、サルには何が起こる?
彼らは必ず失う。
だから、賢い人が近くにいるのなら、彼に決めてもらいなさい。
自分で決めてはならない。
まず選択をすることは誤りである。
次にあなた方サルがどんな選択をしようとも、それは間違っているだろう。
サルは目先の幸福しか求めないのだ。
サルはこれから先起こることを考えていない。
無知で、全体的な見方ができない。
だから賢い人に選択してもらおう。
東洋では、賢者が何事も決定する。
西洋では、民主主義だ。 サル(人間)が選挙で選ぶ。
そして今、彼らは東洋全てを民主主義に変えてしまった。
サルが投票して選ぶ民主主義にだ。
一流の社会とは、賢者が決め、サル(人間)が従うものである。
一流の社会がうまく機能すれば、他にうまく機能できるものは無い。
民主主義社会はまさに混沌の真只中だ。
サルは自分たちに決定権があるため、とても幸せに感じる。
しかし、賢い者が選択することで世の中はさらに幸福なものとなるのだ。
憶えておきなさい。
王はいつも重要な事柄に於いては、賢者に最終決定を委ねに行ったものだ。
賢者は王ではない。
それは彼らがいちいちそんなことに悩んでいないからである。
彼らは森の小屋に住む貧しい者だ。
問題があっても、王は家来の所に行って「どうするべきか?」と聞くことは決してない。
彼は森へ走って行き、全てのものを放棄した賢者に尋ねる。
なぜなら彼らは全体を見通す力がある。
彼ら自身の選択による、愛着のない、執着のない、何もない状態だから。
彼らは無選択そのものである。
彼らは全体を見て、そして決定するのだ。