決別四日目

世界はいま二分されている。
アメリカを中心とする世界とEUを中心とする世界だ。
日本はアメリカ陣営の前衛として完全に組み込まれている。
戦後の文化がすべてアメリカ型であることがそれを証明している。
戦後の日本を代表するスポーツはプロ野球とプロレスだ。
日本のテレビ文化はプロ野球とプロレスによって創出されて来たと言ってもよい。
今でこそ野球はオリンピック競技にもなっているが、野球というスポーツをしていた国は世界広しといえども日本とアメリカだけだ。
プロレスもまたしかり。
ヨーロッパではいまでも野球をする国はどこにもない。
野球とプロレスを普及させることで、テレビというマスメディアの化け物を創って来たアメリカとその餌食になった日本。
ヨーロッパに長く住んでいるとわかるのだが、彼らにも金に対する欲はあるが、金の亡者は余り見かけない。
金の亡者を見かけるのは圧倒的にアメリカと日本だ。
最大の理由はマスメディアの化け物であるテレビ文化の違いだ。
特にプロスポーツの発展にテレビが大きく加担しているのがアメリカと日本だ。
拝金主義化に大きく寄与して来たのがテレビであり、テレビの普及によりマス化したスポーツや娯楽(映画や歌の世界)で以って、われわれを洗脳してきた化け物が支配する国がアメリカであり日本である。
拝金主義のモンスターにされてしまったわれわれ日本人の行く方は一体どこなのか。
その指標は常に今のアメリカに見られる。
クレジットカード破産者が数百万人もいるアメリカ。
われわれも娯楽とスポーツに汚染された拝金主義社会の中で、個人破産者が激増することになるだろう。
それを回避するには、
1)テレビ社会を葬ること(テレビを一切見ないこと)
2)クレジットカードを今すぐ棄てること
先ずはお年寄りと子供たちから・・・テレビを見る生活と決別することである。