決別三十八日目

犬は食べ物を溜めることをしない。
猿は口の中に食べ物を溜め込む。
犬はかゆいときに掻く。
猿は暇な時は必ず掻く。
犬は独りで掻く。
猿は仲間と掻き合う。
見犬、言犬、聞犬とは言わない。
見猿(見ざる)、言猿(言わざる)、聞猿(聞かざる)と言う。
人間は猿であって犬ではない。
だからペットブームで人間は犬を飼うのである。
先ずは自ら・・・猿と決別することである。