決別二十二日目

我が国の家計事情を検証してみよう。
歳出すなわち年間家計費は82兆円、その内訳は以下の通りだ。

社会保障関係費  国民(家族)の健康保険、年金費用    17.4 兆円
国債費      国債の返済及びその利子         17.1 兆円
地方交付税交付金 都道府県、市町村への交付金       16.4 兆円
公共事業費    道路工事等                9.4 兆円
文教・科学振興費 教育・科学技術新興費用          6.6 兆円
国防費      国の防衛                 4.9 兆円
恩給関係費    恩給支払い                1.3 兆円
経済協力費    発展途上国への経済援助          1.0 兆円
その他                           7.6 兆円
 計                           82.0 兆円 

歳入すなわち年間収入の内訳は以下の通りだ。
所得税                          18.5 兆円
法人税                          11.7 兆円
消費税                          10.1 兆円
揮発油税                          2.1 兆円
酒税                            1.8 兆円
相続税・贈与税                       1.6 兆円
たばこ税                          0.9 兆円
その他の税                         2.2 兆円
印紙収入                          1.5 兆円
公債金       赤字国債による借金          30.0 兆円
その他の収入                        3.1 兆円
  計                          82.0 兆円


歳出において、成熟した先進国においては全く不要の科目である国債費、公共事業費、恩給関係費が82兆円の内の27.8兆円を占め、更に本来地方自治体独自の管理に任せればよい地方交付税交付金が16.7兆円を加算すると44.5兆円分は、財務省自身の失政によるものである。
赤字国債を毎年30兆円発行して国民から騙し取り、その穴埋めをしている。
しかも返済及び利息に17.1兆円をたらい回ししておるのだから、まさにタコの足喰いである。
月給が40万円なのに、阿呆な女房が毎月80万円使う為に、足らない40万円をサラ金から借りておるのを看過ごしていいのだろうか。
先ずは給料運び屋の会社員から・・・浪費女房と決別することである。