風に乗り、鳥と共に

島唄

でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た
でいごが咲き乱れ 風を呼び 嵐が来た
くり返す悲しみは 島渡る波のよう
ウージの森であなたと出会い
ウージの下で千代にさよなら

島唄よ 風に乗り 鳥と共に 海を渡れ
島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の涙

でいごの花も散り さざ波がゆれるだけ
ささやかな幸せは うたかたの波の花
ウージの森で歌った友よ
ウージの下で八千代の別れ

島唄よ 風に乗り 鳥と共に 海を渡れ
島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の愛を

海よ 宇宙よ 神よ いのちよ このまま永遠に夕凪を

島唄よ 風に乗り 鳥と共に 海を渡れ
島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の涙

島唄よ 風に乗り 鳥と共に 海を渡れ
島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の愛を




はじめに

わたしは沖縄に行ったことがありません。
しかし、以前から沖縄を舞台にした小説を書きたいと思っていました。
そこへ、『島唄』を聴き、胸の中に大きくイメージが湧いてきたのです。
大きなスクリーンに映る沖縄の海の景色と、大きなスピーカーから聴こえる沖縄の柔らかい風の音が、わたしの胸に飛び込んで来たのです。
これから描く小説のタイトルがすぐに、わたしの指に指令しました。
『風に乗り、鳥と共に』であります。
大きく湧いてくるイメージではありますが、沖縄に行ったことがないわたしには、こまかい情景描写ができません。
イメージを正確にするために、沖縄に行くことにしました。
そして、イメージをしっかりと胸に焼きつけて帰ってきてから、書きはじめることにします。

平成15年6月19日    新 田  論








プロローグ

初夏の那覇に、ひとりの旅人が訪れた。
左手に小さな鞄を持ったその男は那覇空港に降り立った。
椰子の木の枝がさらさらと風になびいてその男に囁いた。
『いらっしゃい、琉球へ。あなたをずっと待っていたの・・・』
沖縄の人にとって、その男がやって来ることは、積年の願いであった。
その男は、なびいた風に、優しく囁いた。
島唄よ 風に乗り 鳥と共に 海を渡れ
島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の愛を
海に向かってなびいた風が、その男に囁いた。
『ありがとう。わたしたちのためにやって来てくれて・・・』
椰子の木にとまっていた一羽の鳥が、その男にさえずった。
『いらっしゃい、琉球へ。わたしたちの願いを叶えて・・・』
右手を振って、その男は鳥に応えて、囁いた。
島唄よ 風に乗り 鳥と共に 海を渡れ
島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の愛を
一羽の鳥は、海に向かって飛びながら、その男にさえずった。
『ありがとう。わたしたちのためにやって来てくれて・・・』
その男は、真っ青な空を見上げて優しく微笑んだ。
『これからが、本当の・・・これからが本当の・・・・・・』



第一章 風の訪問者
第二章 夢の中の愛
第三章 戦争の非情
第四章 軍人の良心
第五章 歴史の偽り
第六章 人間の誇り
第七章 救われた本土
第八章 日本占領軍最高司令官の決意
第九章 沖縄への罪償い
第十章 男と女
第十一章 月の使者テンシ降臨
第十二章 前世のテンシ
第十三章 アジアの高峰
第十四章 胎動の春
第十五章 新しい男女
第十六章 新しい悪
第十七章 新しい世界観
第十八章 考えの相克
第十九章 愛憎のヨーロッパ社会
第二十章 憎悪のアメリカ社会
第二十一章 日本の悲劇
第二十二章 世界制覇の陰謀
第二十三章 十字軍の復活
第二十四章 第三次世界大戦
第二十五章 見えない敵
第二十六章 映像の中
第二十七章 現実という夢
第二十八章 戦争という悲劇
第二十九章 意識の中
第三十章 現実の中
第三十一章 修羅の世界
第三十二章 文明の終焉
第三十三章 鉄の雨の正体
第三十四章 鬼その人
第三十五章 月からのメッセージ
第三十六章 天変地異
第三十七章 地球の黙示録
第三十八章 七人の使者
第三十九章 塗り潰された事実
第四十章 新しい国
第四十一章 新しい人間
第四十二章 古さと新しさ
第四十三章 空白の16年
第四十四章 晩秋
第四十五章 初冬