一通の手紙

あなたは わたしを怨む

プレイボーイに弄れたと怨む

怨んでも怨んでも忘れられない

一通の手紙にこめた怨みの想い

いくら怨みの言葉を並べても

あなたの想いがわたしに通ずる

やっぱりあなたを忘れられないと

わたしは応えた

わたしも同じ

忘れたくても忘れられない

憎くても忘れられないこの想い

それが好きだという徴し(しるし)