第二章 差別・不条理・戦争の正体

差別する奴は差別されるから差別するのである。
差別されない奴は差別しないから差別されないのである。
不条理する奴は不条理されるから不条理するのである。
不条理されない奴は不条理しないから不条理されないのである。
戦争する奴は戦争されるから戦争するのである。
戦争されない奴は戦争しないから戦争されないのである。
そして、
支配する奴は支配されるから支配するのである。
支配されない奴は支配しないから支配されないのである。