第七章 戦争と世襲・相続

組織の時代の極みの20世紀であったから、第一次、第二次世界大戦という大戦争を繰り返したのである。
そして、
大戦争の背景には、世襲・相続の慣習が潜んでいたのである。
逆に言えば、
世襲・相続の慣習がなければ、こういった大戦争は起こらなかったのである。
まさに、
戦争と世襲・相続の慣習は切っても切り離せない関係であった。
逆に言えば、
世襲・相続の慣習がなければ、戦争など起こらなかったのである。