第八章 いったいなぜ?

紀元前660年2月11日が日本国家建国の日として、未だに2月11日を「建国記念日」としている欺瞞に、日本国民はいい加減目覚めなければならない。
現に、
卑弥呼の邪馬台国は3世紀前半と、現代科学が証明しているのにである。
まさに、
欺瞞を超えて詐称(詐欺)の域の歴史の証明に他ならない。
よくよく考えてみれば、「2月11日建国記念日(紀元節)」がはじめて制定されたのは1872年(明治5年)で、太平洋戦争に敗北した1945年に廃止されたものを、1966年に復活したに過ぎない。
一体なぜ?