第八章 どさくさ紛れの金儲け

世界レベルで先進国政府の財政赤字が問題になっている。
まさに、
先進国の政治・経済が構造不況業種となった証明に他ならない。
では、
構造不況業種とは一体何者なのか?
すべての業種には一生があって、誕生時、幼児時、少年時、青年時、壮年時、老年時、そして死亡時と生きものの一生と同じで、構造不況業種は老年時から死亡時に指しかかった業種を指す。
まさに、
12000年続いた文明社会がその終焉を迎えたことを指している証明である。
まさに、
長い長い夜の終りが近づいていて、現代社会は夜明け前の真暗闇状態に他ならず、こういう時代はどさくさ紛れの金儲けが横行する。
さあ、いまがチャンス!