第四章 結婚は離婚がつきもの

クニとカゾクは組織の典型という点で、本質的にはまったく同じ概念でつくられている。
そして、
クニのあるところには、必ず、差別・不条理・戦争が横行するように、
カゾクのあるところには、必ず、差別・不条理・戦争が横行する。
ところが、
我々人間は、クニとカゾクは同じではないと勘違いしている。
先進国になればなるほど離婚が多くなることが証明しているのにである。
結婚制度が人間社会から消滅するのはもう間近である。
まさに、
世襲・相続の慣習が失くなったときだ。
若しくは、
破産法が失くなったときだ。
そして、
その時期を早めるには、借金を踏み倒すビジネスを繁盛させることだ!