第七章 氏姓(血縁・地縁)社会の阿呆さ加減

先進国(共和制国家)では、国家元首の世襲はご法度である。
後進国(君主制国家)では、国家元首の世襲が当たり前である。
先進国か?
後進国か?
この違いは、血縁・地縁は幻想に過ぎないことを理解しているか?いないか?の違いにある。
なぜなら、
自分(映画館で鑑賞している者)以外のすべて(他者)は、映画館の舞台の白いスクリーンに映っている映画(映像)に過ぎないのであって、血縁・地縁もしょせん幻想(映像)に過ぎないからである。
高度情報化社会で、血縁・地縁(氏姓)社会などナンセンスの極みであって、もういい加減にしろ!