第十章 主客転倒すればいい!

人間が歩む道には、守銭奴の道と芸術家の道の二つがある。
カネを溢れさせ、モノを溢れさせる大企業や大店舗の歩む道は守銭奴の道であり、他者からカンシャとソンケイを得られる家内工業の歩む道は芸術家の道である。
嘗て、
作家、画家、音楽家、医者、学者、スポーツ選手、その他聖職者と呼ばれた人々は芸術家の道を歩んでいたが、今では、すべて守銭奴の道を歩んでいる始末。
それなら、
一億総日本人が守銭奴の道を歩めばいい!
そうして、
守銭奴の旨味を味わえなくしてしまえばいい!
そうすれば、
芸術家の道を歩もうとする人々が自ずからポツポツ再生してくるだろう!