(その九)現代六波羅道

我が耳を覆った恵美子の傍で、父、正三はまさに琵琶法師になったかのように吟じはじめた。
恵美子はまさに我が耳を疑った。

“祇園精舎の鐘の声 
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 
盛者必衰の理をあらはす
おごれる人も久しからず 
ただ春の夜の夢のごとし
たけき者もつひには滅びぬ 
ひとへに風の前の塵に同じ
遠く異朝をとぶらへば
秦の趙高
漢の王莽
梁の朱昇 
唐の禄山
これらは皆旧主先皇の政にもしたがはず
楽しみをきはめ 
諌(いさ)めをも思ひ入れず
天下の乱れん事を悟らずして 
民間の愁ふるところを知らざつしかば
久しからずして 
亡じにし者どもなり
近く本朝をうかがふに 
承平の将門 
天慶の純友 
康和の義親 
平治の信頼
おごれる心もたけき事も 
皆とりどりにこそありしかども
まぢかくは六波羅の入道 
前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人のありさま
伝へ承るこそ心もことばも及ばれね”
“釈迦入滅のとき、白色に変じたという沙羅双樹の花の色は、恰も盛者必衰の道理を表しているようである。
驕り高ぶった人間も、いつまでも驕りに耽っていることはできない。
それは恰も春の夜の夢のように儚いものである。
勇猛な者でさえついには滅びてしまうものだ。
それは恰も風の前の塵のようなものである。
遠く異国の古い諺にもあるようだ。
秦の趙高、漢の王莽、梁の朱昇 唐の禄山、
これらの人々は皆、旧主先皇の政治に従わず快楽を極め、他人の諫言を真剣に聞こうとせず、このままでは天下が乱れてしまうことを予測できなかった。
また、
嘆き、悲しみ、憂い、戸惑う民衆を顧みなかったために、末永く栄華を続けることができなかったのである。
そして、いつしか滅びてしまった人たちである。
近く我が国においても、
承平の平将門、天慶の藤原純友、康和の源義親、平治の藤原信頼、いずれの人物も驕り高ぶる心情、猛悪そのものの心情にて、やはり、滅びてしまったのである。
そしてごく最近では、六波羅の入道、前の太政大臣、朝臣清盛公と申された人がおられたが、この方の驕り高ぶり横暴さを伝聞するに、うまく伝える言葉すら見つからないほどのものであった”