(その三)圧倒的な話

怪訝しがっている恵美子をよそに、鹿ヶ谷哲夫は藤堂頼賢の変化に注目していた。
「お前が問うた『伏見の光と陰』の正体がわかったかね?」
藤堂頼賢は黙って肯いた。
「そうすれば、お前の畑恵美子さんへの愛の正体もわかるはずだ」
藤堂頼賢は黙って肯いた。
『なんで、わかるんやろ?』
恵美子は藤堂頼賢を凝視した。
「愛憎を超えることが真実の愛だ」
鹿ヶ谷哲夫は続けた。
「やれ好きだの、やれ嫌いだのとぎゃあ、ぎゃあ喚いている限り、真実の愛などわかるべくもない。
好きで身を焦がし、嫌いで身を焦がして、好きと嫌いが一枚のコインの表と裏であることを知って、はじめて、好きと嫌いを超えた真実の愛を理解できる。
善いで身を焦がし、悪いで身を焦がして、善いと悪いが一枚のコインの表と裏であることを知って、はじめて、善いと悪いを超えた真実の愛を理解できる。
強さで身を焦がし、弱さで身を焦がして、強さと弱さが一枚のコインの表と裏であることを知って、はじめて、強さと弱さを超えた真実の愛を理解できる。
賢こさで身を焦がし、愚かさで身を焦がして、賢さと愚さが一枚のコインの表と裏であることを知って、はじめて、賢さと愚さを超えた真実の愛を理解できる。
富かさで身を焦がし、貧しさで身を焦がして、富かさと貧しさが一枚のコインの表と裏であることを知って、はじめて、富かさと貧しさを超えた真実の愛を理解できる。
幸福で身を焦がし、不幸で身を焦がして、幸福と不幸が一枚のコインの表と裏であることを知って、はじめて、幸福と不幸を超えた真実の愛を理解できる。
天国で身を焦がし、地獄で身を焦がして、天国と地獄が一枚のコインの表と裏であることを知って、はじめて、天国と地獄を超えた真実の愛を理解できる。
神で身を焦がし、悪魔で身を焦がして、神と悪魔が一枚のコインの表と裏であることを知って、はじめて、神と悪魔を超えた真実の愛を理解できる。
健康で身を焦がし、病気で身を焦がして、健康と病気が一枚のコインの表と裏であることを知って、はじめて、健康と病気を超えた真実の愛を理解できる。
すべては、真実の愛に収斂する。
好きと嫌いの延長線だけに愛があるのではない。
すべての二元対立要因の超えたところに真実の愛があるのだ」
恵美子と藤堂頼賢はお互いに凝視しながら、心の中で同じことを考えていた。
『圧倒的な話や!(圧倒的な話やわ!)』
鹿ヶ谷哲夫の圧倒的な話は止まるところを知らない。
「自分という意識がある愛なんてありえない。
自他の意識がある愛なんてありえない。
“わたしはあなたを愛している”
こんな愛などありえない。
“わたし”も“あなた”も落ちた、ただ“愛している”だけが残ったところにだけ愛がある。
だが一般凡夫は、
自分が相手(他人)を愛していると思い込んでいる。
若しくは、
相手(他人)が自分を愛していると思い込んでいる。
そんな自他の区分けがあるような愛などありえない。
愛とは自他の区分けのない意識に他ならないのだ。
こんなシンプルな真理すら、人間は理解できていないのである」
鹿ヶ谷哲夫は、「全体感」こそ愛の正体だと喝破する。
鹿ヶ谷哲夫は、「部分観」こそ戦争の正体だと喝破する。
自他の区分け意識こそ、愛を破壊するエゴであり、エゴとは五感が機能した結果の産物に他ならない。
圧倒的な話の核がここにある。