(その十五)進化の推進者・鎮西八郎為朝

崇徳上皇側についた源為義に従った八男の為朝は、合戦の前日に夜襲を掛けるよう、総大将の藤原頼長に提唱したが、頼長は夜撃ちは卑怯と、逆に為朝を非難した。
一方、後白河天皇側についた長男の義朝は、後の平冶の乱で争い負けた平清盛と手を組んで、逆に上皇側の陣地に夜襲を駆けることを、総大将の藤原忠通に提案して、これを受け入れられた。
結果、上皇側は完敗して、崇徳上皇は讃岐に流され、源為義以下、敵方についた長男の義朝の弟たちも自刃したが、末っ子の八男の為朝だけは、余りの強力に敵方も天晴れと評価し、為朝の将来を期して、右腕の腱だけを切り、二度と弓を射られないようにして、伊豆の大島に島流しの刑で収めた。
世にいう保元の乱である。
皇室内部では、崇徳上皇と後白河天皇が対立。
摂関家では、藤原頼長と藤原忠通が対立。
源氏では、源為義と長男の義朝が対立。
まさに、内乱であった。
この戦で、漁夫の利を得たのが、後に、平家に非ずんば武士に非ずと云わしめた、平清盛だった。
平家全盛を築きあげた平清盛が唯一怖れた人物が、伊豆大島に流刑された源為朝だった。
伊豆大島に流された源為朝は、再び、乱を起こし、工藤茂光の討伐軍と戦い、自殺したが、その自害の仕方が、後世に多くの伝説を残している。
まさに、日本での進化の推進者として、その名を現在に至るまで轟かせている。