(その十四)人の一生

草花が咲きほこる時期は、季節の中で限られている。
一年の中で限られているだけではなく、一生の中でも限られている。
春に咲く草花もあれば、夏に咲く草花もあり、秋に咲く草花も、冬に咲く草花もあるということは、草花の一年にも、人の一年と同じように、個性がある中で、共通性もある。
十代で咲く早熟型もあれば、六十代で咲く晩成型もあるが、壮成型もあれば、青塾型もあるということは、草花の一生にも、人の一生と同じように、個性がある中で、共通性もある。
心中する時期とは、まさに、草花の熟する時期に符合している。
熟した果実は自然に堕ちるように、人の熟する時期が死期と符合するなら、それぞれの死期はわかっているはずだ。
一年で云えば、春が死期なのか、夏なのか、秋なのか、それとも、冬なのか、草花ならわかっているはずだ。
一生で云えば、若くして死ぬのか、青年期なのか、壮年期なのか、それとも、晩年期なのか、草花ならわかっているはずだ。
それに比べて、人の死期はなぜわからないのか、疑問を呈する者は誰もいない。
子孫を絶やさないために生きものは交尾するが、その時期は季節の中で限られている。
一年の中で限られているだけではなく、一生の中でも限られている。
春に目覚める草花もあれば、夏に目覚める草花もあり、秋に目覚める草花も、冬の目覚める草花もあるということは、草花の一年にも、人の一年と同じように、個性がある中で、共通性もある。
十代で目覚める早熟型もあれば、六十代で目覚める晩成型もあるが、壮成型もあれば、青塾型もあるということは、草花の一生にも、人の一生と同じように、個性がある中で、共通性もある。
そして、
心中する時期とは、まさに、草花の熟する時期に符合している。
熟した果実は自然に堕ちるように、人の熟する時期が死期と符合するなら、それぞれの死期はわかっているはずだ。
一年で云えば、春が死期なのか、夏なのか、秋なのか、それとも、冬なのか、草花ならわかっているはずだ。
一生で云えば、若くして死ぬのか、青年期なのか、壮年期なのか、それとも、晩年期なのか、草花ならわかっているはずだ。
それに比べて、人の死期はなぜわからないのか、疑問を呈する者は誰もいない。