(その十三)明治維新(Restoration)の舞台裏

徳川家の産土神(うぶすなかみ)は比叡山の守護神である日枝山王神であり、サルを神使としている。
徳川家康はサルに対する信仰が厚く、その理由(わけ)は、願人(がんにん)がサルを本尊とするからだ。
7歳で仏門に入った国松(徳川家康)は、9歳で破門され、駿府をうろついている間に又右衛門という人さらいに銭五貫で酒井常光坊という願人坊主(肉食妻帯の修験者)に売り飛ばされた。
松平元康が今川義元に人質として駿府にいた当時の話の真相だ。
願人(がんにん)は、加持祈祷を施すと共に、隠密の役も承り、諸国徘徊の砌(みぎり)は、その動静を偵察する勤めを持つ、いわゆる隠目付もする。
徳川幕府に目付け、大目付けという、いわゆる、CIA長官のような役を設置した所以がここからくる。
静岡市の円光院に保管されている家康の遺品に「見ざる・聞かざる・言わざる」のいわゆる「三猿」があり、「三猿」は日光東照宮の名物だ。
孝明天皇の暗殺に引き続いて、その実子である睦仁親王も長州の忍者によって暗殺された際に、睦仁親王の周囲にサルが出没したと、「中山忠能(ただやす)日記」に記してあるのだ。
「日々、猿出没して睦仁親王を苦しめたてまつり、お側女中にも猿の毛つき候こと、度々あり・・・はなはだ奇怪不審にて候」
この猿とは、長州名物の「猿回し」が暗殺者となって宮中を窺っていたらしく、「猿回し」の暗殺者こそが、後の日本初代首相になった伊藤博文なのである。
願人(がんにん)であった家康の本尊であるサル(日枝山王)の不気味な影が、睦仁親王の周辺に出没しはじめたのだ。
当時、宮中では、このサルの怪異を祓うために加持まで行っている。
徳川家康は生前、側近の呪術師・天海から、天台密教および日枝山王の神道である一実神道の奥義を授かっていた。
天皇家と徳川家を結ぶ怪奇な糸が、明治維新の舞台裏で張り巡らされていたのだ。