(その十一)列強の前衛

勝との会談を受けて江戸を発った西郷は急ぎ上京し、3月20日にはさっそく朝議が催された。
強硬論者だった西郷が慶喜助命に転じたことは、木戸孝允・山内容堂・松平春嶽ら寛典論派にも驚きをもって迎えられた。
西郷の提議で勝の出した徳川方の新条件が検討された。
第一条は、慶喜の水戸謹慎に対しては政府副総裁の岩倉具視が反対し、慶喜自ら総督府に出頭して謝罪すること、徳川家は田安亀之助(徳川慶頼の子)に相続させるが、北国もしくは西国に移して石高は70万石ないし50万石とすることなどを要求した。
しかし結局は勝案に譲歩して水戸謹慎で確定された。
第二条に関しても、田安家に江戸城を即刻返すという勝案は却下されたものの、大総督に一任されることになった。
第三・四条の、武器・軍艦引き渡しに関しては岩倉の要求が通り、いったん新政府軍が接収した後に改めて徳川家に入用の分を下げ渡すことになった。
第五・七条は、原案通り。
第六条の、慶喜を支えた面々の処分については副総裁、三条実美が反対し、特に松平容保・松平定敬の両人に対しては、はっきり死罪を求める厳しい要求を主張した。
結局は会津・桑名に対して問罪の軍兵を派遣し、降伏すればよし、抗戦した場合は速やかに討伐すると修正された。
この決定が後の会津戦争に繋がることになる。
修正・確定された七箇条を携えて、西郷は再び江戸へ下ることとなった。
この間の3月23日、東征軍海軍先鋒、大原重実が横浜に来航し、附属参謀、島義勇(佐賀藩士)を派遣して徳川家軍艦の引き渡しを要求したが、勝は未だ徳川処分が決定していないことを理由にこれを拒否した。
勝としては交渉相手を西郷のみに絞っており、切り札である慶喜の身柄や徳川家の軍装に関して、西郷の再東下より前に妥協するつもりはなかったためである。
3月28日、西郷は横浜にパークスを訪問し、事の経緯と新政権の方針を説明している。
なおその前日には、勝もパークスを訪問している。
パークスは西郷の説明に満足し、ここにパークスの圧力は消滅した。