(その十一)罠に嵌った獲物

慶応4年(1868年)2月5日。
伝習隊の歩兵400名が八王子方面に脱走した。
2月7日夜、旧幕府兵の一部が脱走。
彼らは歩兵頭、古屋作左衛門に統率されて同月末、羽生陣屋(埼玉県羽生市)に1800人が結集し、3月8日には下野国簗田(栃木県足利市梁田町)で東征軍と戦って敗れた。
また、新選組の近藤勇・土方歳三らも甲陽鎮撫隊と称して、甲州街道を進撃し、甲府城を占拠して東征軍を迎撃しようと試みるが、3月6日勝沼で東征軍と戦闘して敗れ、下総流山(千葉県流山市)へ転戦した。
これらの暴発は、陸軍総裁勝海舟の暗黙の承認や支援を得て行われており、いずれも兵数・装備の質から東征軍には全く歯が立たないことを見越したうえで出撃していた。
恭順への不満派の江戸からの排除という目的があったからである。
一方、
13代将軍徳川家定の正室として江戸城大奥の総責任者であった天璋院(近衛敬子)は、薩摩の出身で島津斉彬の養女であった縁から、また明治天皇の叔母にあたる14代将軍徳川家茂正室の静寛院宮(和宮親子内親王)も東征大総督有栖川宮とかつて婚約者であった縁から、それぞれ東征軍との縁故があり、また上野寛永寺には前年に京都から入山した輪王寺宮公現法親王(後の北白川宮能久親王)がおり、藁にもすがる思いの慶喜はこれらの人物を通じて、東征軍に対し助命ならびに徳川家存続の歎願を立て続けに出した。
まさに、
陰謀のシナリオの獲物が見事に掛かったのである。