(その十)陰謀の主人公

慶応3年(1867年)10月大政奉還により政権を朝廷へ返上した15代将軍、徳川慶喜は、新設されるであろう諸侯会議の議長として影響力を行使することを想定していたが、討幕派の公家、岩倉具視や薩摩藩の大久保利通・西郷隆盛らが主導した12月初旬の王政復古の大号令とそれに続く小御所会議によって自身の辞官納地(官職・領土の返上)が決定されてしまう。
慶喜はいったん大坂城に退くが、公議政体派の山内容堂(前土佐藩主)・松平春嶽(前越前藩主)・徳川慶勝(前尾張藩主)らの工作により、小御所会議の決定は骨抜きにされ、また慶喜も諸外国の公使に対して外交権の継続を宣言するなど、次第に列侯会議派の巻き返しが顕著となってきた。
そこで西郷は、幕府側を挑発するという非常手段(作略)に出る。
江戸薩摩藩邸の益満休之助・伊牟田尚平に命じ、相楽総三ら浪士を集めて江戸市中に放火・掠奪・暴行などを行わせる攪乱工作を開始。
江戸市中警備の任にあった庄内藩がこれに怒り、12月25日、薩摩藩および佐土原藩(薩摩支藩)邸を焼き討ちするという事件が発生した。
この報が12月28日大坂城にもたらされると、城内の強硬派が激昂。
薩摩を討つべしとの主戦論が沸騰し、「討薩表」を携えた幕府軍が上京を試み、慶応4年正月3日鳥羽で薩摩藩兵と衝突し、戦闘となった。
しかし戦局が劣勢となった上、淀藩・津藩などが寝返り、また薩摩・長州藩兵側に錦旗が翻り、幕府軍は朝敵となってしまう。
慶喜は6日、軍を捨てて大坂城を脱出、軍艦開陽丸で海路江戸へ逃走した。
ここに鳥羽・伏見の戦いは幕府の完敗で終幕した。
新政府は7日徳川慶喜追討令を発し、10日には慶喜・松平容保(会津藩主、元京都守護職)・松平定敬(桑名藩主、元京都所司代)を初め幕閣など27人の「朝敵」の官職を剥奪し、京都藩邸を没収するなどの処分を行い、翌日には諸藩に対して兵を上京させるよう命じた。
また21日には外国事務総督東久世通禧から諸外国の代表に対して、徳川方に武器・軍艦の供与や兵の移送、軍事顧問の派遣などの援助を行わないよう要請した。
これを受け25日、諸外国は、それぞれ局外中立を宣言。
事実上新政府軍は、かつて諸外国と条約を締結した政府としての徳川家と対等の交戦団体として認識されたことになる。
錦御旗による官軍の誕生である。
慶応4年(1868年)1月15日。
ひとりの少年が東山道を下っていた。
東山道とは中山道、日光街道、奥州街道ことであり、中山道は現在の中央道である。
いわゆる東海道が表街道なら、東山道は裏街道だ。
その少年の名は大室寅乃介と言う。
その前を東山道鎮撫総督、岩倉具定(岩倉具視の三男)の官軍が一路駿府に向かっていた。
江戸城総攻撃をするためである。