9.足下(あしもと)を見る V.S. 足下(あしもと)を照らす

相手の弱みにつけ込むこと。また、相手の弱点を握るたとえ。
に対して、
逆手格言では、
足下(あしもと)を見る連中が多い中、一点の灯りは却って貴重になる。
“自分一人さえよかったらいい”ことは、自分以外のみんなが自分の為になっていない最悪の状態なのに対して、
“先ず他人の方を大事にする”ことは、自分以外のみんなが自分の為になっている最善の状態なのである。