5.悪銭身につかず V.S. 悪銭こそ身につく

不正・不当な手段で得た金は、つまらないことに使われてすぐ手元から消えてしまうという教えの言葉に対して、
逆手格言では、
お金に奇麗・汚いもなく、敢えて悪いことまでして手にした金ほど大事にするものであるという教えである。
本質的には、つまり、人間のようなフェルミオン粒子でできている物質と違って、ボソンという交換子でできているおカネ(銭)には、個性がない、すなわち、善も悪もない。
悪銭も善銭もない。