実行八十四日目

拝金主義思想にも、原始思想と洗練思想があるようです。
古代奴隷社会や中世宗教社会や近代初期の欧米帝国主義による植民地支配社会は、原始拝金主義思想の時代でした。
現代拝金主義思想は洗練思想だったのです。
それが冷戦の終結によって、再び原始思想に舞戻ったのです。
1970年代までは安定世界だったのが、1980年代に入って混沌世界になった原因がここにあります。
東西対決によって守られてきた不安定の中の安定状態が、東西対決の消滅によって不安定の中の不安定状態に陥ったのが現代拝金社会なのです。
金持ちになることを望むより、貧乏になることを恐れるのが現代洗練拝金主義思想であり、その理由は不安定の中の不安定の時代であるからです。