実行七十九日目

家庭の実権(コーポレート・ガバナンス)を持っていたのは父親でした。
会社の実権(コーポレート・ガバナンス)を持っていたのは株主でした。
国家の実権(コーポレート・ガバナンス)を持っていたのは国家元首でした。
父親・株主・国家元首が地に落ちていく時代がやってきます。
自分の実権(コーポレート・ガバナンス)を持つのは自分の時代になります。