実行七十五日目

下手に余計な知識を多く持った人間ほど性質(タチ)の悪い生き物はありません。
そんな性質(タチ)の悪い生き物は、言うだけで、決して行動に移しません。
余計な知識が臆病の正体なのですから、行動に移すことができないのです。
その自己矛盾に対して、風見鶏になるために、知識をひけらかすのです。
行動の伴わない知識ほど性質(タチ)の悪いものはありません。