実行五日目

「そんなことをしたら善くない、神さんが罰を与える」
この言葉が、犯罪の子供を創造しているのです。
「汝、殺すなかれ」
この言葉が殺人を起こす人間を創造しているのです。
言葉というものは、必ず裏表の意味があります。
「好き」という言葉には必ず「嫌い」という言葉が表裏一体になっている。
「神」という言葉には必ず「悪魔」という言葉が表裏一体になっている。
「金持ち」という言葉には必ず「貧乏」という言葉が表裏一体になっている。
聖書に「はじめに言葉ありき」と書かれています。
言葉が、天国にもし、地獄にもしている。
余計な言葉は禁物です。