実行二十日目

我々の心の中には、善なる自分と悪なる自分が共存しています。
夢の中では、善なる自分も、悪なる自分も消滅しています。
従って、本当の自分は夢の中で顕れていると言えます。
昼間起きている時に、善なる自分と、悪なる自分が共存しているので、その時に如何なる判断もしてはいけません。
夢の中で起こっていることに基づいて判断することが、善悪の判断を超えることになります。