実行十二日目

悟りを求めて真理を追求する人々がいます。
真理は自他の区別がなくなった世界にしか無いのです。
自他の区別がある世界では、自己の事実と真実の姿しかわからないのです。
真理を知りたかったら、自他の区別ができない全体の世界に溶け込むしか方法はありません。
それが死かも知れません。
わたしたちは現に生きているのです。
生きている間は生きる。
死ぬ時には死ぬ。
できるのはこれだけ、つまり、『今、ここ』にいるだけです。