実行十一日目

昨日や明日に「想い」を馳せている限り、事実も真実も見ることはできません。
『今、ここ』にいてこそ、事実が見える。
『今、ここ』に生き切ることで、真実が見えてくるのです。
『今、ここ』に生き切るとは、『今、ここ』にいることを継続することです。
継続するとは、まさに生き切ることに外なりません。
この世的大事をすることを以って生き切っているのではありません。
『今、ここ』にいることを継続することは、すること(Doing)の内容ではなくて、いる(Being)こと自体を重視することです。
『今、ここ』にいることを継続することこそが、生きる目的であります。