実行十日目

昨日や明日を思い患って生きている人生は、事実の一部分しか見ないで生きている人生です。
『今、ここ』を生きてこそ、ありのままの事実を見ることができるのです。
部分が全体に勝てるわけがありません。
思い悩むということは、部分が全体を打ち負かそうと思うことから発生するのです。
部分から全体に溶け込んだら、思い悩むことは消滅するのです。
ありのままの事実を見ること、それが『今、ここ』にいることです。