実行一日目

『今、ここ』を生きるとは、自分独りの世界である、『ここ』に立つことです。
それが自己という個人の為すべき第一番目の行動つまり実行一日目であります。
『今』は、宇宙という全体がすべての部分に平等に与えてくれます。
従って、個人として出来得ることは、『ここ』に立つことです。
『ここ』に立てば自ずから『今』にいます。
自分独りの世界に生きている、他のものはすべて映像であると確信することです。
それが実行一日目に為すべきことです。