『今、ここ』九十四日目

ヤクザはむかし侠客と呼ばれていました。
侠客とは一本差しのことで、武士の二本差しに対抗して生まれたのです。
支配・被支配二層構造の「士農工商」の差別社会で、武士の横暴から町人を守るために生まれたのが一本差しの侠客です。
侠客が武士社会と結託した結果、ヤクザに変形したのです。
侠客社会は“武士(強者)と戦ってなんぼ”の社会です。
ヤクザ社会は、“町人(弱者)をびびらしてなんぼ”の社会です。
『今、ここ』を生き切る一日を・・・