『今、ここ』三十一日目

過去や未来に思いを馳せ、思い悩む原因は、相対性理論の所為です。
相対性理論が主張する(実)時間に惑わされているのです。
『今、ここ』を生きるには、絶対性理論が必要です。
絶対性理論が主張する(虚)時間が『今、ここ』です。
『今、ここ』を生き切る一日を・・・