『今、ここ』十四日目

時間を忘れるには、時間の流れと共にすることです。
電車の動きを忘れるには、電車に乗ることです。
虎穴に入らずんば虎児を得ず。
虎穴とは『今、ここ』です。
『今、ここ』を生き切る一日を・・・