第八章 最善の偶然性の公正

いくら悪いことをしても幸福になり、いくら善いことをしても不幸になるのがこの世なのである。
逆に言えば、
いくら悪いことをしても不幸にならないし、いくら善いことをしても幸福にならないのがこの世なのである。
まさに、
この世は一見不条理に見える。
だが、
この一見不条理に見える偶然性の世界こそ最も公正なのである。
なぜなら、
いくら悪いことをしても不幸になり、いくら善いことをしても幸福になるのがこの世でもあるから。
逆に言えば、
いくら悪いことをしても幸福にならないし、いくら善いことをしても不幸にならないのがこの世でもあるから。
そして、
悪いことをしたら不幸になり、善いことをしたら幸福になるのがこの世でもあるから。
逆に言えば、
悪いことをしたら幸福にならないし、善いことをしたら不幸にならないのがこの世でもあるから。
畢竟、
いくら悪いことをしても幸福になり、いくら善いことをしても不幸になるのがこの世なのである。
悪いことをしたら不幸になり、善いことをしたら幸福になるのがこの世でもある。
逆に言えば、
いくら悪いことをしても不幸にならないし、いくら善いことをしても幸福にならないのがこの世なのである。
悪いことをしたら幸福にならないし、善いことをしたら不幸にならないのがこの世でもある。