第六章 差別・不条理・戦争の遠因

死の概念を持った人間だけが、自分の命は自分で絶つ、つまり、自殺する権利を持っている。
自殺とは権利なのです。
ところが、わたしたち人間は自殺行為を罪行為だと思い込んでいる。
“自殺をしたら地獄に落ちる”
“自殺をしたら末代まで祟る”
・・・・・・・・・・・・・
といった具合に、死後の話に及ぶ一種の脅しが潜んでいます。
つまり、自殺をさせたくない意図が窺われる。
では、脅しの張本人は一体誰なのでしょうか?
神の脅しなのでしょうか?
神の名の下の人間の脅しではあることは明白です。
他の生き物と同じように自然に溶け込んで生きていた人類の自然崇拝の信仰が、擬人化された神の概念によって宗教に変身したのは、人間社会だけが支配・被支配二層構造になったからです。
支配者が被支配者を支配する手段として神の名の下の宗教を捏造したのです。
被支配者である奴隷を酷使することで利を得ていた支配者たちにとって、奴隷は大事な生産手段であったわけで、その生産手段に自殺されたら元も子もなくなる。
ところが、酷使される一生を送る奴隷にとっては、生は苦以外の何物でもないわけであり、死だけがその解放手段であることを本能的に知っていたわけです。
それを防ぐ手段が宗教であり、人間を超えた存在としての神の概念を捏造し、神の名の下に自殺を禁じたわけです。
後代、奴隷側、つまり、被支配者側に救世主待望論の宗教が誕生したのも、基を正せば支配者側の論理に立った宗教がはじめにあったからに他なりません。
低劣な動機が、人類の長い歴史の中でわたしたち人間の潜在意識に深く入り込み、死をタブー視し、自殺を罪行為だと思い込ませてきたのです。
まさに自縄自縛のトラウマに他なりません。
このトラウマが差別・不条理・戦争を引き起こす元凶なのです。
人間社会だけが、支配・被支配二層構造と世襲・相続の差別社会である所以です。
死をタブー視する。
自殺を罪悪視する。
このトラウマから解放されない限り、人間社会から差別・不条理・戦争はなくならないでしょう。